ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々379】RY COODER / PARADISE AND LUNCH semスキン用のアイコン02

  

2016年 08月 13日

e0006692_13161668.jpg 帰省していた息子と娘がまた街へと戻り、ゆるやかな時間が流れている。今年は教育関係の集会にも参加してくれたりして、ひときわ印象に残る夏の帰省だった。家族を撮った古いビデオを大笑いしながら観たのもいい思い出になった。

 その古い動画の中で、ぼくがその頃聴いていた音楽が流れていた。このライ・クーダーに合わせて、幼い息子が踊る場面もあった。「刷り込みじゃ」と息子達は笑っていた。

 このアルバムは、「流れ者の物語」の次に出たアルバムで、出た当時はジャケットがあまり好きじゃなくて持っていなかったが、30才辺りからまたいろいろと音楽を聴き始めた中で買い求めたものだった。この辺りの一連のライの作品は、全て星5つの傑作だと思う。

 昔は好きじゃなかったこのジャケットも、今見直すとなかなかいい味を出してる。明るいイエローも、とぼけたようなライの表情やトロピカル・ドリンクも、アルバムのトーンに合っている。明るいアルバムだ。

 ラストにジャズ・ピアノの重鎮、アール・ハインズがゲストで出てくるが、この後「ジャズ」と題した作品を作ることを考えると、ライのその頃広げていたアンテナが想像できる。分厚い野郎コーラス隊もそうだ。これもこの後の「ライ・クーダー・ライブ」辺りに自然に繋がっていく。

 それからもちろん、たっぷり聴けるライのギターも最高だ。甘く温かい音色でマリンバが絡んでくる「Mexican Divorce」なんかを聴いていると、家に居ながらもリゾート気分に浸ることができる。
e0006692_15353327.gif

by pororompa | 2016-08-13 15:36 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://pororompa.exblog.jp/tb/24592496
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。