ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 357】JOHN LEWIS / GRAND ENCOUNTER semスキン用のアイコン02

  

2014年 11月 30日

e0006692_14503648.jpg 雨が降っている。晩秋の雨は物寂しい。昨日若い人のお通夜に行ったせいかもしれない。若い人のお通夜は何とも気の毒でいたたまれない。

 チャカチャカしたものは聴きたくないので、「ジョン・ルイス・ピアノ」を聴いた。LPから起こしたものだったので、その次にこの「グランド・エンカウンター」が入っていた。

 これは一般にジョン・ルイスの名前で通っているが、正確に言うと特にリーダーは書いていない。アメリカの東西海岸の音楽家の「出会い」という趣向になっている。まあ仕掛け人はルイスだろうとは容易に想像できる。有名な「2 Degrees East - 3 Degrees West」は、この時ルイスが提供した曲だったようだ。全体に抑制されたサウンドもルイスの好みを反映したものだろう。

 東側のもう一人は、ベースのパーシー・ヒースで、西側のジム・ホールも、ドラムのチコ・ハミルトンも、それに応えた演奏のできる人だ。レスター・ヤング風に吹くビル・パーキンスという人の、モターッと引きずるようなテナーはぼくはあまり気に入らなかったが、少なくとも全体の雰囲気を壊しはしない。

 名盤が名盤と呼ばれるには、アルバムのコンセプトというか、統一感は大事だと思うのだが、そういう点でこの盤は見事だ。サックスの出てこない「言い出しかねて」と「スカイラーク」をAB両面の中間に挟み込んだ構成もいい。心の安らぎを得られた。

e0006692_151619100.gif

by pororompa | 2014-11-30 15:16 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://pororompa.exblog.jp/tb/22611656
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。