ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 355】KEN PEPLOWSKI / MAYBE SEPTEMBER semスキン用のアイコン02

  

2014年 09月 13日

e0006692_1434552.jpg CDプレーヤーを買った。DENONのDCD-755REという機種で、2万円台だったから、今までのオーディオ用CDプレーヤーで一番安い。まあ、音には期待していないし、素直に読み込んで鳴ってくれればいい。それにMP3が聴けるという新しい楽しみがあるところはやはり時代だ。買った楽器や機材のレポートは比較的読まれているので、このDCD-755REの感想も、もう少し使ってみてからいずれ書くことにしよう。

 急に涼しくなって、「大路の春を疑わず」じゃなく「大地の秋を疑わず」てな感じの今日である。機種も替わっていろいろ聴きたい気分だ。これはまだ未開封の盤だったもの。通信で流し見していて目にとまった中古盤で、あまり期待はしていなかった。ネットにあまりレビューもなく、ジャケットもスーパーで売っていそうな安っぽいデザインだが、ケン・ペプロウスキーのワン・ホーン・カルテットだし、ピアノにテッド・ローゼンタールの名があるので、いけるかもと思って買った。

 1曲目の、クラリネットで密やかに始まる「All Alone by the Telephone」が素晴らしい。アーヴィング・バーリンのスタンダードらしいが、ぼくは知らなかった。とにかくクラにぴったりの曲調で、もし吹けるならすぐにでも吹いてみたいと思えるような味わい深い曲だった。この1曲目だけでも買ってよかった。

 この1曲目以上に気に入る曲は残念ながらなかったが、全曲ほぼ期待以上のできで、思わぬ当たりだった。全体にバラードが多く、サックスも吹くが、全11曲の内7曲がクラリネットで、たっぷりクラリネットを聴くことができる。面白いことに、速いテンポでモダンなフレーズを吹きまくる異色の③が、意外にも本人の作曲だった。このペプロウスキー、復古的なスウィングのスタイルで演奏しながらも、あまり古くさい香りがしないと感じていたけど、こういうモダンな資質も併せ持っているからかも知れない。そう言えば、「ブルー・モンク」をやっていた盤もあったな。

 ビーチ・ボーイズの曲やビートルズ・ナンバーも演奏しているが、ぼくはあんまりそっちの方に詳しくないので、特に感銘は受けなかった。でも、違和感はなかった。録音を見ると、2012年とあるのでジャズとしては「最新盤」なのだった。マンネリに陥らないためにジャズメンもいろいろとレパートリー開拓に努めているのだろう。
e0006692_2138337.gif

by pororompa | 2014-09-13 15:23 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://pororompa.exblog.jp/tb/22383328
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。