ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 354】JONI MITCHELL / BLUE semスキン用のアイコン02

  

2014年 09月 06日

e0006692_2259070.jpg 「ブルー」はやっぱり名盤だ。聴く気がなくても惹き付けられる。そういう力がある。

 そうだ、今日はジョニを聴く気などなかったんだ。ジャズを棚から無作為に引っ張り出して聴いていたんだった。暑いとは言ってもさすがに9月だ。この2,3度の違いがジャズを聴こうという気にさせる。

 でも何だかオーディオの調子が悪い。高音の強い音で歪むような気がする。アンプか入り口か。とりあえず入り口をCDからMDに変えてみようと思って、チェックにかけたのがMDの「ブルー」だった。イントロのダルシマを掻き鳴らす音が、何とも言えない空気感で漂ってくる。あ、これってやっぱり名盤だったんだ。

 それっきりずっと鳴らし続けている。とりあえずCDプレイヤーが不調のようだということは分かった。それはともかく、この「ブルー」はいいな。CDの方もかけてみる。そう言えば、箱物も買ったのでダブっている。そっちの方もかけてみた。音の違いはよく分からなかったけど、この作品が充実していることは、改めて深く納得した。

 ミュージシャンズ・ミュージシャンとも言えるジョニ、後の方はだんだんととっつきにくくなるし、メロディの方も独特というか、ちょっと渋すぎるけれど、初期は彼女もフォーク少女だった。この作品はもう孤高の時代に片足突っ込んでいるけれど、瑞々しくて甘美な面をいっぱい残していた。その時代の最高の記録の一つがこれだね。粒選りだ。

 そう言えば、元同僚で音楽友達のM先生の年賀状に、「今『ブルー』を聴いています」ってあったなあ。ほんといい曲ばかりだ、これ。

e0006692_23223555.gif

by pororompa | 2014-09-06 23:25 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://pororompa.exblog.jp/tb/22364511
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。