ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 349】CROSBY,STILLS & NASH / DAYLIGHT AGAIN semスキン用のアイコン02

  

2014年 04月 05日

e0006692_11413048.jpg 仕事にもようやく一段落付き、U17女子ワールドカップの優勝を見て、最高の休日の朝だ。小気味よく攻める戦い方も気に入ったが、いつものようにフェアプレー賞もちゃんと頂いての優勝というのが素晴らしい。

 電源を入れると、これが鳴り出した。値段が下がっては買っている、「水害で失ったLPのCD買い戻しシリーズ」の1枚。どんな作品だったか細部まで覚えてはいないけど、よかったいう印象はある。

 1曲目のスティルスとナッシュ、そしてバックのギタリストの共作「Turn Your Back On Love」が、1曲目にふさわしく軽快に鳴り始める。「ジュディ」や「キャリー・オン」に匹敵とまでは言わないが、クオリティは高い。

 そして2曲目のいかにもナッシュらしい「Wasted On The Way」がいつ聴いても素晴らしい。この作品の華ではないか。

 これが発表されたのは’もう80年代に入ってからで、CS&Nもそれほど話題にはならなくなっている時代だった。それに、メンバーの内の一人、クロスビーが、例の中毒でへろへろの時代で、ほとんどナッシュとスティルスで作ったという話だ。

 しかし今回聴き直して一番印象に残ったのは、このアルバムでは存在感が薄いはずのクロスビーの「Might As Well Have A Good Time」だった。本人の作ではないようだが、クロスビーの抜群の歌唱力と、曲のよさを引き立てるナッシュらのコーラス。アルバムに深みを与えている。

 そしてラストの「Daylight Again」、スティルスがこの頃はまだこんないい曲を作っていたんだねえ。

 ボーナストラック入りだったが、今回のボーナスは、質もそんなに落ちず、作品の完成度を壊している感じはしなかった。「朝の光、再び」、年度も切り替わったし、サッカーも優勝したし、そういう明るい気分だぜ。

e0006692_12124367.gif

by pororompa | 2014-04-05 12:13 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://pororompa.exblog.jp/tb/21859425
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。