ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 335】JULIO IGLESIAS / TANGO semスキン用のアイコン02

  

2013年 04月 28日

e0006692_1761358.jpg とうとう本格的にアナログ・リバイバルに突入した。オークションでジャズのLPを買いまくっている。改めてアナログの深みを感じる。

 それなのに、今日の一枚はLPでもなければジャズでもない。スパニッシュな伊達男の泣き節だ。LPの送料を0にするための埋め草に買ったものだ。

 連休に片足を突っ込んでいるということは初夏の声を聴くということ。いつまでも部屋に籠もっているわけにもいかない。草刈機を取り出して庭を刈る。そこに流れていたアルゼンチン・タンゴがあまりにもはまり過ぎていた。

 タンゴに疎いぼくでも知っているような有名曲が何曲も入っている。「ラ・クンパルシータ」「淡き光に」「エル・チョクロ」「ジーラ・ジーラ」「わが懐かしのブエノスアイレス」・・・。それを甘い声で歌ってくれる。この人は、もっと張り上げる人かと思っていたが、抑えた柔らかい声なんだな。スペイン語の響きと切々としたメロディの絡みがぞくぞくっとくる。人を蕩けさせるような響きだ。

 今回、改めて名曲だなと思ったのは、「淡き光に」。短調で始まって、途中からあの印象的な長調のメロディが出てくる。そこのところが、何とも言えずいい。「ジーラ・ジーラ」もそうだね。こういう転調をぼくも自作「風のタンゴ」で使った。明るいメロディが悲しく響くんだなあ。

e0006692_17424194.gif

by pororompa | 2013-04-28 17:37 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://pororompa.exblog.jp/tb/20394158
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。