ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 333】RY COODER / BOP TILL YOU DROP semスキン用のアイコン02

  

2013年 04月 07日

e0006692_1410256.jpg 何なの、昨夜の凄まじい風は。春の嵐か。台風なら構えているから覚悟もできているけど、いきなり暴風雨じゃ恐くて寝れん。

 新年度の始業に向けてただ走り続けた一週間終わった。外は嵐だし、ここらでちょっとゆっくり休もうかと思うけど、新年度だから妙に気分が昂ぶっていて仕事ばかりしている。

 ここ数日車の中でこれを聴いていた。これが出たのが1979年というが、ぼくの好みではライ・クーダーはこの辺りからおもしろくなくなる。ソウルやR&B方面に舵を切ったからだ。それでも今回聴き直して、なかなかいい作品だったんだと気付いた。それに車で聴くにも合っていた。

 1曲目「リトル・シスター」はオープニングにぴったりの感じだし、2曲目は前から好きだったこのアルバム最高の曲「ゴー・ホーム・ガール 」だ。カー・ステレオのCMに使われたこの曲、学生の頃FMラジオでしょっちゅう流れていた。その語りとともに思い出す。懐かしい。

 3曲目のマイナーな語りもいい感じだし、4曲目こそは苦手な曲かなと思ったら、ボトルネックの粋なインストだった。LPならここまでがA面だったらしいから、LPで出合っていたなら少し印象は変わったかもしれない。

 5曲目がちょっと苦手だ。6曲目もイントロはいいんだけど、バックコーラスの女性の歌い方が苦手かな。8曲目にもそれは言える。でも、7曲目の男声コーラスをバックに歌う「苦悩をのりこえて」はいい感じだし、ラスト・ナンバーの「アイ・キャント・ウィン 」がそれ以上によかった。

 まあ今回の印象の変化は、自分の変化というか、異質な音楽に対してより慣れてきた結果かもしれない。とにかくこのアルバムはぼくの中でちょっと評価が上がった。
e0006692_14524026.gif

by pororompa | 2013-04-07 14:52 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://pororompa.exblog.jp/tb/20115282
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。