ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 332】SONNY ROLLINS / SAXOPHONE COLOSSUS semスキン用のアイコン02

  

2013年 03月 31日

e0006692_19231282.jpg どれくらい聴いていないか分からないが、久しぶりにLPレコードをかけてみようかという気になった。

 以前、少なくともジャズはもうCDを買うのは控えてLP中心にいこうかなと思ったことがあった。だが、愛用のクリーナー「ピクソール」がもう入手困難になっていることを知り、すぐに気持ちが挫けたのだった。そのことを思い出し、代替品を検索している内に、自分自身の書き込みにぶつかった。それを読んで驚いた、なんと2012年3月31日!。去年の今日じゃないか。

 去年の今、全く同じような行動をしていたことになる。いや、しかしそれは偶然というのとはちょっと違うかもしれない。つまりは教員にとって3月31日とはそういう日なのである。こうやって毎年毎年、気分転換を図りながら長年やってきたわけだ。

 アナログ聴くなら、代表的なのを聴いてやろう。それも聴いていそうで聴いていないようなのを。「サキコロ」と通称される超が付く有名盤、これだ。

 これはほんと長く聴いていない。有名盤ってそんなものかな。いやしかし「ワルツ・フォー・デビー」は聴き飽きるのを恐れながらもたびたびかけているし、コンプリートのCDも持っている。「ミーツ・ザ・リズムセクション」とかコルトレーンの「バラード」とかもよく聴いてるのに、これはほとんど聴かなかったなあ。

 しっかしやっぱり、かけてみると、なんでこれがこんなに有名なのかもう説明の必要がないくらい明快に鳴り響く。無駄がないこの5曲なんだよね。長ければいいってものでもない。駄曲ならない方がいい。引き締まってなくちゃいけないんだね。その点はLPはいい。

 A面「セント・トーマス」、B面「モリタート」。どっちからいっても分かりやすい。この人はやっぱりあんまり難しいことやるよりも、こういう分かりやすいノリの中で、吹きたいだけ吹きまくらせた方がいい人なのだろう。

 ジャケットもインパクトあるなあ。こういうところもまた人気の一つなんだろうけど。盤もあんまり傷んでなくてよかった。やっぱりアナログは音が生きてる感じがする。

 でもこのプレーヤー、トリオKP-800も、もうそろそろ限界だろう。思えば就職した頃に買ったのだから、30年か。よく現役で回ってるもんだ。アナログ主体でいくなら、次のもそろそろ考えておかないとと思った。

by pororompa | 2013-03-31 20:15 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://pororompa.exblog.jp/tb/20031359
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。