ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 JOE CHINDAMO TRIO / PLAYS THE PAUL SIMON SONGBOOK "AMERICA!" semスキン用のアイコン02

  

2005年 11月 23日

e0006692_22593258.jpg 久しぶりに街へ出かけた。タワーレコードで、澤野工房のこのアルバムを買った。

 オーストラリアのジャズ・ピアニストの、サイモンとガーファンクル集。サイモンとガーファンクルは中学生時代に夢中で聴いた。そういった懐かしさもあり、ネットで試聴したらよかったので買いに行った。

 買って帰って聴くなり、側にいた妻に「これ試聴して買ったの?」とケチをつけられたが、反論したくなる程のよさは残念ながらなかった。特に嫌悪するような演奏はないが、スーッと流れていって深みが足りない。コクが欠けているのだ。サイドメンも力不足かな。

 ジャケットなんかもセンスが良くて、2500円出そうという魅力が感じられたのだが。外見は魅力的だが話してみたら案外つまらない女性のようなアルバムだ。

 ネットではほんとにさわりしか聴けないので、テーマだけ聴いてアドリブが聴けないことが多いが、ジャズはそれではいいアルバムか見分けられないなと思った。

 後半からわりと良くなる。「ブックエンド」がいい。まあ流しておく分には悪くないか。

 タワーでは、バーゲンで出ていたナット・キング・コールの廉価箱物もついでに買った。帰ったら、ネットで買った小田和正も届いていたが、結局この日、一番満足したのはナット・コールだった。e0006692_2332198.gif

by pororompa | 2005-11-23 22:37 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://pororompa.exblog.jp/tb/1974683
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。