ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 306】 JAMES TAYLOR / ONE MAN DOG semスキン用のアイコン02

  

2012年 01月 22日

e0006692_1340776.jpg 明日から寒くなるそうな。朝からどよーんとした重たい天気で、気が滅入りそうなので、軽くて明るめのをかけよう。「水害LPのCD買い戻しシリーズ」で、JTさんをぼちぼち買い戻しているんだけど、これは実は初めて聴く。

 前からジャケットがいいなとは思っていた。「猫ジャケ」はよく聞くけど、「犬ジャケ」っていう言い方もあるの? これは「犬ジャケ」の傑作だな。キャロル・キングの「タペストリー」の猫並に存在感がある。

 でも、「マッド・スライド・スリム」も「スウィート・ベイビー・ジェームズ」も持っていたのにこれがなかったのは、たぶん目玉の曲がないせいかな。小粒な曲がいっぱい入っていて、あんまりこういう作りは好きじゃない。それで買わなかったのかな。

 でも、予想よりいい作品だった、これ。ひょっとして前2作よりもいいかもしれない。若い頃に聴いていても、きっと気に入っただろう。歌詞まで調べてはいないんだけど、音の雰囲気が全体にいい。ホーム・レコーディングが中心なんだけど、'70年代のSSWのアコースティックな感じが何とも言えないいい感じだ。

 まあ例の如く、JTの自作曲はとりとめがないというか、地味って言えば地味だ。淡々としている。この人のヒット曲はほとんど他人の曲だもんな。それでもどこかに愛着のある曲が並んでいる。特に、10曲目のワルツ、「One Morning In May」が気に入った。

 細野晴臣は、ジェームズ・テイラーを歌い方まで研究して「夏なんです」や「風をあつめて」を作ったと、何かで語っていたけど、なるほど、この頃のジェームズを聴くと、重なる部分はある。JTに、「やつらがビー玉…」とか、歌わせてみたら面白かろう。

e0006692_13573737.gif

by pororompa | 2012-01-22 13:57 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://pororompa.exblog.jp/tb/17255125
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。