ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 304】 AL HAIG / INVITATION semスキン用のアイコン02

  

2011年 12月 29日

e0006692_2259813.jpg 一聴して血が騒いだ。久しぶりにこんな瑞々しいピアノ・トリオを聴いた。思わず、「999円」と派手に書かれた安っぽい帯を見直した。なめていたかも知れない。音よし、曲よし、演奏よし、これは確かに世評通りの、いやそれ以上の名盤だ。

 今日は一日年賀状を書いていた。遅いと言う人もいるだろうが、毎年こんなふうだ。その合間にここ数年付けている「音盤購入記録」を見たら、今年はあんまりCDを買っていなかった。「当たり」も少なかった。少ないからまた聴く気をなくすのだろう。でもこんなのに当たると、面白くなってまた買ってしまう。今日6枚注文してしまった。ぼくにしては多い。

 このアルバムは題名はよく耳にしていた。1974年の録音とあるから、ちょうどぼくがジャズを聴き始めた頃だ。いわゆる「幻の名盤」扱いの一つだったように覚えている。

 長年ジャズを聴いていても、こんな風に、古い作品でまだ気が付かなかった名盤に出くわすことがある。感性がまだ鋭かった時代の方が、大きな感動が得られたには違いない。けれど、今になって出合うのもまた悪くない。年末年始の休暇の始まりに、曇った感性を磨いてくれた。気合いを入れてくれた。元気をもらった。

 それにしても音がいい。リズム隊も抜群だ。ドラムはすでにヨーロッパに定住していたケニー・クラーク。ベースは知らない人だが名前からしてフランス人か。重くていい音してる。そこに流れていく硬質のピアノの音。ソロは程良く引き締まった緊張感と、心地よいスウィング感を併せ持ち、哀調を帯びたフレーズが寄せては返す。ううむ、これはよいぞや。間違いなく傑作だ。

 当たりの少なかったこの一年、終わりになって突然当たりが出た。終わりよければ全てよし…、ということにしようか。

e0006692_23384173.gif

by pororompa | 2011-12-29 23:38 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://pororompa.exblog.jp/tb/17139293
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。