ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 272】 NICKI PARROTT / MOON RIVER semスキン用のアイコン02

  

2010年 12月 19日

e0006692_2115194.jpg 今年中に新しい作品集を完成させたくてずっとがんばっていた。かなり進んだけれど間に合わないかもしれない。でもいいと思っている。慌てて作るより遅れても納得のいくものの方がいい。結局は自分の趣味のもの、誰かが待っているわけでもないし。だが人間やっぱり〆切のようなものがないといかんな。そういう意味では年内という目標はよかったのかな。

 未聴盤がこの頃溜まるようになってきた。安い盤はタイミングよく買っておかないと、すぐ値が上がったり入手困難になったりするので、今は聴かないけどというのもとりあえず買うからなんだが、歌作りに集中してたというのもある。今日届いた3枚もそんなの。

 内2枚は、Venusから出た1500円盤だ。少し古くなった作品はこの価格帯が一番儲かるのか、売れている盤もかなり思い切って出してきた。紙ジャケ二つ折りとはLP時代を思い出す。

 このニッキ・パロットという人は、ベースを弾きながら歌うという変わり種である。しかも若い女性で、ジャケットでベースを抱いて微笑んでいる美女が本人だというから、オヤジ・ジャズ・ファンに受ける要素満載である。しかし、ジャズ・ファンのオヤジどもも、百戦錬磨、耳が肥えているやつばかりだから、格好ばかりならすぐ見抜かれてしまう。そんな中でこの人はかなりの評判を勝ち得ている。

 聴いてみると、まず歌の方だが、抜群にうまいというわけではないが、なかなかに味わい深い。程良く力が抜けていて、趣味のよいジャズ・ボーカルという感じで、十分楽しめる。選曲もよい。

 そしてベースだが、これもこれだけでやっていける確かな技巧の持ち主のようだ。ベースという楽器は、音程もリズム感も要求されるが、そういったセンスが歌にも表れているような気がする。

 サイドでは、ギターが心地よい。ポール・マイヤーズという人だ。ナイロン弦のようだ。

 音もよい。こうやってみると、1500円でジャケットも内容もしっかりしたこのシリーズは、どれも魅力的な商品だ。そういった点を含めると、限りなく五つ星に近い満足感を覚えた。だが、やはりジャズ・ボーカルの真の感動という点から見れば、もう一歩物足りなさはあるかな。でもいい。くどくないから、何度も聴きそうだ。
e0006692_21335175.gif

by pororompa | 2010-12-19 21:33 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://pororompa.exblog.jp/tb/13842183
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。