ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 269】 スピッツ / とげまる semスキン用のアイコン02

  

2010年 11月 07日

e0006692_1845712.jpg とりあえずみんな金出してスピッツの新作買おう。結論はそこだ。この「金出して」というとこが重要だ。レコード文化このままじゃ滅亡だよ。

 そうは言っても、今、3000円も払って新譜を買おうというような現役ミュージシャンは、日本にはほとんどいない、自分にとっては。その数少ない例外の一つがスピッツだ。しかも試聴無しで即時無条件に買ってまちがいない。先週の休みの日に、タワレコにふらりと立ち寄ったら、スピッツのニュー・アルバムが並べられていた。出たことを知らなかった。迷うことなく即購入。

 3年のブランクがあったというが、子どもだましのロックバンドやアイドル歌手じゃないんだから、じっくり慌てずまともな作品を作るなら長くはない。それにしても「さざなみCD」から3年か。ついこの間のような気がする。

 アマゾンのレビューにも書いたが、「充実」という言葉がぴったりのアルバムだ。味わい深い曲が14曲、びっちりと実が詰まった果実のように詰まっている。捨て曲無し、特に中盤が中だるみせず変化を付けながら一気に聴かせるのは見事だ。さながら組曲のようだ。

 ある程度大きな装置でガンガン聴くと特にいい。車の中や小さな装置ではうるさい。個々の作品については今からじわじわと味わっていきたいが、一聴してまずは「恋する凡人」「花の写真」「幻のドラゴン」「聞かせてよ」「若葉」あたりが耳に残る。さあみんな金出して買おう。
e0006692_1992148.gif

by pororompa | 2010-11-07 19:09 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://pororompa.exblog.jp/tb/13588793
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。