ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 249】 浅川マキ / MY MAN semスキン用のアイコン02

  

2010年 01月 24日

e0006692_046075.jpg 教員生活で初めて「学級閉鎖」というのに遭遇して、自分の教室にだけ子どもがいないという変な経験をした。ようやく月曜から再開というのに、今度はこちらが風邪気味で困っている。インフルエンザではないようだが。

 夜は、浅川マキの記事をネットの方々で探す日々が続いていた。まだ「喪」が明けていない状態だ。風邪もひいて自作のミックス・ダウンも中断せざるを得ないし、鼻水をすすりながら今日も浅川マキを聴いた。

 このアルバムは、親しみやすい’70年代とフリーに突き進む’80年代の狭間にあるような作品で、曲も再演ものが多い。録音は1982年の2月とある。過去の作品を超えているかというとそうとも言えないから、ちょっと微妙な位置にある作品だ。どういういきさつでこれを作ったのか分からないが、’90年代に単体のCDで再発された数少ない作品であり、比較的入手しやすいから、これを聴いている人も多いと思う。

 フリー・ジャズの咆吼を横に、無関係のメロディをクールに歌う「貧乏な暮らし」だけが浮いて聞こえるが、こちらの方がマキがやりたかった「これからの路線」だったわけだ。「今夜はおしまい」も「ロンサム・ロード」も、やはり以前のバージョンの方に耳が慣れているのは仕方がない。「夜」にしても、間奏でつい向井滋春のトロンボーンが聴きたくなり、本多俊之じゃあまだ軽いな、などと思ってしまう。

 それでも全体に演奏が悪いわけではなく、板橋文夫の「グッド・バイ」などはこのアルバムで初めて聴いたが、出色の出来だ。本多俊之もここではまずまずのソロを披露する。

 ピアノは、亡くなる直前まで共演していた渋谷毅。この人のブログを読んで驚いたのだが、非常に幅広い感覚の人である。高田渡が旅先で亡くなった時もこの人が共演していたのは知っていたが、面白半分にやっていたわけではなく、若い頃から高田渡やはっぴいえんどのファンだったと書いている。それでいて「東京芸大作曲科」という経歴だし、古い友人として福田和禾子の名前まで出てくる。「おかあさんといっしょ」の音楽まで担当していたというから驚きだ。

 「古いフォークで育ち、ジャズが好きで、童謡を書きながら、浅川マキを聴いているような変な奴は、自分ぐらいだろう」と思っていたが、その全部がいとも簡単にこのピアニストのブログの中につながって出てくる。驚いたし、親しみと興味が湧いた。これから少し意識して聴いてみようと思う。
e0006692_1272176.gif

YouTube 浅川マキ「グッド・バイ」

by pororompa | 2010-01-24 01:27 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://pororompa.exblog.jp/tb/12018782
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by noanoa1970 at 2010-01-25 20:42
こんにちは
渋谷毅のブログ小生も読みました。
高田渡生誕60周年記念と銘打ったコンサートに言ったのですが、渋谷毅が最初に登場し、サラっと「ダニーボーイ」を弾いて、一言もしゃべらずに、さっと帰って行った姿が印象的でした。小生このアルバムは持ち合わせてないのですが、フリージャズ路線ならまだしも、80年代のニューミュージック路線には抵抗がありました。
でも今はそれも含め、すべての音源を聞きたい気分です。
Commented by pororompa at 2010-01-26 18:14
マキをたくさん聴いてきた人なら、再録中心のこのアルバムは、今一つと感じるのではないでしょうか。サウンドはジャズです。ニューミュージックやロックの感じはしません。
何を思ってこれを作ったのか、妥協を知らない一直線の人ですが、営業も少しは考えたのか、これ以後は「難解路線」へと突っ走って行くので、いろいろ考えてしまいます。