ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 244】 BILL EVANS / CALIFORNIA HERE I COME semスキン用のアイコン02

  

2009年 11月 21日

e0006692_184538.jpg のんびりした朝を過ごしてしまうと、すぐ昼、夕方である。まあそれもいいだろう。それでこそ休日というものだ。

 「教員に朝電話するには何時頃がよいか」と問われて、返答に窮したことがあった。さしずめ昨日の朝なんかこんな風だ。インフルエンザが学級閉鎖ぎりぎりで緊迫した中で、健康観察。そうしている内に、朝から校内ビデオ放送、担当としてサポートに行かねばならなかったのだが、教室のテレビが不調。アンテナ線と格闘して砂嵐のテレビを見せていると、今日までに提出すべき博物館のアンケートがあったとかで内線電話、そうこうしている間に一人の子どもが気分が悪いというので熱を測る。休んだ子がインフルエンザでないかも確かめて、各学級を回ってインフルエンザ罹患者数を調べて提出し、ついでに理科室から器具を借りてくる…。

 まあどの仕事もやった人でないと分からないような苦労はあるものだろう。愚痴っても仕方がない。それより半日ものんびりすると、少しは元気も取り戻す。

 このアルバムは、安い中古で出ていた。通販の送料をうかす目的で追加したものだ。何やら一見あやしげだが、一応VERVEから出ている。1967年に録ったライブで、本人が気に入らなくてオクラになっていたものらしい。場所は何とビレッジ・バンガード。エバンスの急死直後に追悼盤として出されたものだということだ。準正規盤というところか。だから音はいい。当初はLP2枚組だったらしく、ボリュームもたっぷりだ。

 70年代のエバンスは、「弾き過ぎ」という人もいる。確かにそういう感じはある。60年代はまだそうでもないのではないかと思う。そう思って買ったのだが、前半を聴いて失敗したと思った。やたらうるさい。ベースはエディ・ゴメスでドラムスはフィリー・ジョー・ジョーンズ。この頃のエディ・ゴメスはまだそう音色も悪くないし、フィリー・ジョーは激しいけどそう嫌いじゃない。やはり本人の問題かなと思いつつ聴いていると、LPならSIDE2あたりからだんだんよくなってきた。

 そして後半は一転してぐっとよくなってくる。耳が慣れてその世界に引き込まれるというのもあるかもしれないが、とにかく前半と後半では印象ががらっと変わった。もしこれをLPで持っていたら、2枚目ばかり聴いていただろう。

 特に「アルフィー」がうれしい。このまま「ワルツ・フォー・デビー」の後ろ辺りに入っていても違和感がないような素晴しい演奏だ。この1曲だけでも買った価値はあった。それと、ラス前のジャズ・ワルツ「エミリー」がいい。

 エバンスはブートレッグまがいのライブがいっぱい出回っているが、実際こういう録音も残っているので、まだまだ気になるところだ。
e0006692_18553212.gif

by pororompa | 2009-11-21 18:55 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://pororompa.exblog.jp/tb/11626244
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。