ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 239】 HERB OHTA & LYLE RITZ / UKULELE DUO semスキン用のアイコン02

  

2009年 09月 23日

e0006692_137098.jpg 秋の五連休ももう最後の日である。こんな時期のまとまった休みは去年まではなかったので、何か妙な感じだ。

 この時期は二学期制の学校では学期末で、休み明けには通知表の提出を求められている。そんな状況でこの休みをどう使おうかと最初に考えた。通知表には三日もあれば十分だろう。初めの三日で書き上げて後でゆっくりするか、初めに休んで後の三日でやるか。五日間仕事と休憩を交えながらのんべんだらりとやるか。

 初日から仕事をしようと思っていたのだが、猫騒動と溜まった疲れで終わった。二日目からかかったが、サッカー観戦も行った。三日目、四日目もそれなりにやったが、やはり〆切が迫っていない仕事というのはしまりがなく、五日目の昼にやっと下準備ができた状態で、まだ本文は一筆も書いていない。もっとも、通知票で時間をかけるのは、データの集約と判定、そして所見の文章である。そういう意味では峠は越した。せっかくの連休がもったいなくはあるが、緩いペースでじっくり子どもの成長を考えるのも悪くはなかった。でも来年は、夏の始まりにもう少し仕事をしておいて、秋の連休を楽しむことにしよう。

 仕事の合間は、ミンガスだとか、わりとハードなジャズを聴いていた。BGMは軽いものを流し、眠くなったら元気のいいリッキー・マーティンなどを聴いた。仕事が一段落した真昼にこのウクレレ・デュオをかけたら、ふっと夏の終わりが戻ってきたように感じた。張りつめていた気持ちもなごんだ。

 ウクレレ2本、だけ。ありそうでないアルバムだ。一応ジャズ仕立てではあるが、ジャズとして聴くとやはりチャチである。ライル・リッツはともかく、ハーブ太田はやはりジャズの人ではない。しかしウクレレでしか出せない味がある。濃厚にある。だから貴重なアルバムだ。

 日射しが入る午後からはまだまだ暑い。スケジュールをよく見たら、通知表の最終〆切は来週の月曜だった。またまたペースが落ちるな。ま、いいや。スロー・ペースで行こう。あ、先週録った「バタフライ」の子どもバージョンのミックス・ダウンは早めにやっておかなくちゃ。
e0006692_13443365.gif

by pororompa | 2009-09-23 13:44 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://pororompa.exblog.jp/tb/11198797
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。