ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 225】 GARY BURTON / LIKE MINDS semスキン用のアイコン02

  

2009年 04月 26日

e0006692_0462054.jpg この所通販で買ったCDがハズレ続きで軽く落ち込んでいた。仕事も一息ついたので、久しぶりに金曜日の帰りに近くのブック・オフに寄ってみた。店頭で中古盤を買うのも久しぶりだ。これは3枚買った中で750円と一番安かったもの。

 ジャケットに5人の名前が列挙されている。ヴァイブのゲーリー・バートン、ギターのパット・メセニー、ピアノがチック・コリア、ドラムがロイ・ヘインズ、ベースがデイブ・ホランド。ゲーリー・バートンは嫌いではないけれど、ジャズ・ロックみたいなものも多いので、それほど買う人ではない。パット・メセニーも、ジム・ホールとのデュオは良かったけれどフュージョンのイメージは強い。チック・コリアは好きじゃないし、デイブ・ホランドはよく知らない。試聴もなしに買うような面子ではないのだが、何か惹かれるものがあった。勘みたいなものである。もちろん安かったからではある。ドラムがロイ・ヘインズ…、落ち着いたジャケット…。かなりよいか、二度と聴かないかのどちらか…、そんな感じがした。

 結果、これは当たりだった。シリアスで、モダンで、楽しめる。ぼくはよく知らなかったが、ロイ・ヘインズはバートンなんかの世代とも昔から交流があり、早くから新しい感覚のプレイもしているんだな。ジャケットにはほとんどヘインズの話はなく脇役という扱いだが、先ず聴いて思ったのはとにかくこの太鼓がうまいこと。普通の4ビートに終始するジャズのスタイルでなく、ロックっぽいリズムやワルツ、変則的なリズムまで、自在に叩き出す。うるさくなく、でも存在感はたっぷりなそのリズムが、作品全体を支配している、そうぼくには聴こえてきた。

 疾走するゲーリー・バートンは圧倒的だ。「マッチ・ブック」を思い出した。「マッチ・ブック」はラルフ・タウナーよりバートンだったのか、とぼくは思った。パット・メセニーは年くってますますジム・ホールに似てくる。パットの一番やりたい音楽はこの辺にあるのかなと思った。チックはピラピラとしていて相変わらずだけど、役回りをわきまえていて邪魔にはなっていない。ベースもやや軽いけど悪くない。偶然の出合いの一枚。
e0006692_126471.gif

by pororompa | 2009-04-26 01:25 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://pororompa.exblog.jp/tb/10121269
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。